オンラインカジノの違法性

「オンラインカジノが違法かどうか?」
気になる人も多いと思います。

現在の日本の法律ではオンラインカジノを裁く事はできないので、
違法になることはありません。

どういうことかといいますと、
オンラインカジノ自体は、オンラインカジノライセンスの発行が認められる国でライセンスを取得して、
その国内で運営されています。
(もちろん当該国では違法でもなんでもありません。)

※オンラインカジノライセンスの発行が認められる国の例:ジブラルタル、マルタ、マン島、キュラソーなど

そして運営会社が(当然サーバーも)海外にあるオンラインカジノで、
日本人がプレイしたとしても、運営会社自体が海外にあるので日本では違法にならない、という見解があります。

例えると、日本人がマカオや韓国などのカジノで遊ぶ事とまったく同様です。
その国で違法でない遊びを日本人がプレイしてもなんの問題もありません。

もちろん今後の法律の動きによっては状況が変わることもありえますが、
カジノ合法化の動きなどを考慮に入れれば(個人的)には心配してません。

実はラスベガスなどのカジノが存在するアメリカは、
オンラインカジノに関しては2006年に「インターネットギャンブル禁止法案」が可決され、
オンラインカジノは撤退を余儀なくされていましたが、2011末年に出されたアメリカ司法省の決定「Federal Wire Act」で、
オンラインのギャンブルを州内で許可することを各州に禁じているわけではないとされ、
状況は一変する見通しになってきました。

※日本の法律に抵触する例としては、オンラインカジノゲームのサーバーが日本国内にある場合です。
なのでオンラインカジノをプレイする際には正式にライセンスを受けているかどうか確認する必要があります。

コメントを残す