オンラインカジノは安全

オンラインカジノが登場したのは1995年と言われていますが、
利用者は世界的に急速に増えていて3000万人以上とも言われます。

日本でもオンラインカジノの利用者数は50万人以上と言われています。

ちなみに日本でオンラインカジノがブレイクしたきっかけは、
・日本人の女性が6000万円の賞金を獲得したり、
・1億円賞金獲得者が出現したり、
高額賞金獲得のニュース報道の後に男女問わずプレイヤーが増えています。

ただしオンラインカジノと聞くと、
ネガティブなイメージがつきまとう人もいると思います。

実際、以前は賭けに勝っても賞金が支払われない悪徳オンラインカジノも存在してましたが、
現在は淘汰され健全なオンラインカジノしか残っていません。

では、オンラインカジノは本当に安全なのか?
そのあたりの気になるオンラインカジノの現状を紹介します。

結論から言えば、
オンラインカジノは安全だと言って問題ないと思われます。

確かに、以前は賭けに勝っても賞金が支払われない悪徳オンラインカジノも存在してましたが、
現在は淘汰され健全なオンラインカジノしか残っていません。

悪徳オンラインカジノが淘汰された理由は、
オンラインカジノを運営するには国が公認したライセンスを取得しなければならない仕組みになっているからです。

またオンラインカジノのライセンスは取得した後も国の監督機関の定期的監査があり、
国の監視の下で運営されているのが正式なオンラインカジノと言えます。

さらに、この審査はオンラインカジノの運営会社だけではなく、
カジノで使うゲームを制作するソフトウェア会社も審査の対象になっています。

国の監督機関による厳しい監査をパスしながら、
オンラインカジノを適切に運営するには、それなりのマンパワーや技術が求められるので、
オンラインカジノ運営会社は株式市場に上場する大企業が多いです。

以上のオンラインカジノの仕組みを考えると、
国のライセンスを取得した正式なオンラインカジノは安全だと言えると思います。

コメントを残す